Menu

We are a design company that updates stories of brand by human liberal arts.

私たちはヒューマンリベラルアーツでブランドの物語をアップデートするデザイン集団です

Story

1990年のクリスマス、Tim Berners-Leeがウェブを発明してから30年を迎えようとしています。 ウェブにより世界は不可逆的に変わり、世界は少なくとも便利になりました。

Cantasはウェブ誕生以降に生まれた、 いわゆるミレニアル世代によって2017年に設立されたWeb制作を中心とするデザイン会社です。ウェブは私たちにとって酸素や水と同じくらい不可欠な存在です。

私たちは学生時代、東京大学のイノベーションスクールi.schoolで、 IDEOやStanford d.schoolのデザイン思考や博報堂の未来洞察、 ビジネスデザイナー濱口氏のブレイクバイアスなどの創造の方法論を直接教わりながら、多角的に訓練してきました。そして、新しいサービスをたくさん作ってきました。それは楽しい時間でしたが、同時にあることに気がつきもしました。

日本のウェブが世界に比べて明らかに遅れているのです。 遅れていると言っても中身は複雑で、 目的達成のためのデザインや認知心理学に対する理解であったり、 快適な体験やアクセシビリティを提供するための技術であったりします。

また、日本ではウェブを専門とする会社が戦略、企画、デザイン、 制作、保守、運用と過度に細分化されてしまっていることにも気がつきました。 完全な伝言ゲームは存在しないように、 細分化が進めば進むだけコミュニケーションコストは指数関数的に膨らみ、 コンセプトとアウトプットの一貫性が失われてビジネス成果は損なわれてしまいます。

さらに、細分化のせいで日本では、 感性を喜ばせるデザインとビジネス成果を生むロジックは、 どちらかしか得ることのできないトレードオフの関係として認識されるようになってしまいました。 論理への忠実さを宣伝する会社は感性的に優れたデザインは作れず、 表現を強みとする会社はビジネス成果を重要視しない、そんな二元論が生まれてしまっています。

この原因は根深く複雑なものですが、Jared Diamondが『銃・病原菌・鉄』でも指摘する通り、 日本という島国独特の言語と文化の壁によって守られてきたという要因はやはり大きいように思います。 今から200年程前、私たちの祖先が浦賀に突如現れたペリーの艦隊を見たときの驚きは計り知れませんが、 インターネットで世界が繋がったといっても、実際にはフィルターバブルによって隔絶されています。 デザインとエンジニアリングの公用語は英語であり、世界中の人々が競争し協力しながら進歩していっているのに対し、 ウェブ全体から見れば微々たる日本語のみからインプットしている状況はペリー来航とさして変わらないようにも思えます。

私たちCantasは、論理的デザインと感性的デザインを対立させるのではなくアウフヘーベンし、 戦略から企画、デザイン、実装、改善までを一気通貫で手掛けます。 私たちの危機意識からすれば当然ながら、 社内のインプットは英語が主なので少なくとも世界水準のデザインとエンジニアリングが共有されています。

しかしながら、私たちの真の武器はデザインでもエンジニアリングでもありません。 それは、人間への愛と好奇心を核とした学際的あるいは多角的な人間理解です。このいわばヒューマンリベラルアーツ(Human Liberal Arts)を基礎として、論理(Marketing)と表現(Interaction)をデザインするのです。 私たちは、デザインの奴隷にも、テクノロジーの奴隷にも、クライアントの奴隷にもなりません。 私たちは目的の奴隷となって、ブランドの物語をより良い物語に書き換えビジネス成果を生み出します。

Taken by Matthew Spiteri

Member

Shiho Kambara

Face

代表取締役 兼 CEO. 1994年生まれ。6歳のとき、パソコンをもらいソリティアを極める。 偏差値38から東大に現役合格し、その体験記がバズり「東大 バカ」で自分の名前がSEO1位に。 文学部思想文化学科で学びながら、Google、リクルート、DeNA、 FiNCなどでインターンとして勤務しITスキルを習得。 フリーランスのITコンサルタントとして、システム開発、Web制作、 デジタルマーケティング支援を複数手掛ける。学部3年次には、 大学生向けオンラインメディアUmeeTを立ち上げ、ローンチ初月から約20万PVを記録。自身が手掛けた記事は1週間で10万PVを達成。東京大学i.school8期生、 孫正義育英財団1期生、コルクラボ1期生に選抜される。卒業研究では、 3大宗教の経典のテキストを自然言語処理し、それぞれの特徴を解析。 経済産業省の未踏IT人材発掘育成事業にて石黒浩教授(大阪大学)のもと スーパークリエータ認定。2017年、Cantasを設立。 現在は東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻を休学し、 Cantasの経営に専念。戦略から企画、デザイン、バックエンドまでを担当。

影響を受けた本

  • 星新一『ボッコちゃん』
  • 寺山修司『書を捨てよ、町へ出よう』
  • 無門慧開『無門関』
  • 岸政彦『断片的なものの社会学』
  • 野矢茂樹『はじめて考えるときのように』
  • 恩田陸『夜のピクニック』
  • 綿矢りさ『インストール』
  • 宮崎駿『風の谷のナウシカ』

Kanta Yamagata

Face

Chief Design Officer. 1992年生まれ。18歳のとき、 パリコレを模したアオコレを企画し文化祭の伝統行事に。 太宰治や寺山修司らを輩出する青森高校を卒業後、 北海道大学総合理系に進学。イタリアンのウェイターとして2年間働き、 「あなたのような方と一緒にお仕事がしたい」と某シンクタンクからスカウトされる。 学部3年から函館にキャンパスを移し、読書とTED漬けの2年間の修行をする。 その後、東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命化学専攻に進学し、 老化生物学の研究を行う。東京大学i.school7期生に選抜され、 デザイン思考を習得。HarvardやStanford、 Oxfordなどの学生とアイデアを共創。 イノベーションコンサルティング会社i.labにスカウトされ、 複数の業界大手の新規事業案件に参画。McCann Ericksonクリエイティブスクール卒業。Goldman Sachs、Starbucksなどでインターン。 CyberAgentにて2000万ダウンロード突破の動画サービスのデータ分析と マーケティング戦略立案。2017年Cantasに参画し、戦略から企画、 デザイン、フロントエンドまでを担当。

影響を受けた本

  • Richard Dawkins『利己的な遺伝子』
  • Jakob von Uexküll『生物から見た世界』
  • 野矢茂樹『心という難問』
  • George Orwel『1984』
  • Max Weber『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』
  • Bertrand Russell『幸福論』
  • Don Norman『誰のためのデザイン』
  • Somerset Maugham『月と六ペンス』
  • Viktor Frankl『夜と霧』

Freelancersfrom the world

Cantasは、案件と予算に応じて世界の優秀なフリーランサーと協働しています。 今世界ではギグ・エコノミーが台頭し、プロジェクト単位で働く超優秀な人材が増えています。 私たちは最善の質を提供するために、日本に固執することなく世界から最善な人材を集め協働します。 この新しい働き方は、少数精鋭である私たちの強みです。

Some of our clients

Let's make it together!

Web制作のこと、ブランディングのこと。 好きな映画、概念、小説、食べ物。どんなことでもお気軽にご相談、ご質問ください。 人間が好きな私たちは、次はどんな素敵な方々とブランドに出会えるのだろうと、 今この瞬間も胸を弾ませながら画面と格闘しています。 一緒に素晴らしい物語を作れる日々を楽しみにしています👋

今月残り1/5枠