Written by

KANTA YAMAGATA

情報があふれる現代では、ブランディングの重要性が高まっています。しかし、ブランディングをただ表面をお洒落に飾ることとする誤解も見受けられます。そこで今回は、モダンブランディングの父と呼ばれるデービッド・A・アーカー(David A. Aaker)の『ブランド論 (Aaker on Branding) 』をご紹介します。

実存主義の先駆者あるいは厭世哲学者などの異名を持つ19世紀ドイツの偉大な哲学者ショーペンハウアーは、読書をどのように捉え、どのように行っていたのでしょうか。この疑問に対する彼の答えは、日々莫大な情報が生み出されるデジタル時代にますます重要度を増しています。読書を習慣にされている方は読書態度のチェックとして、読書をこれからしようという方は読書の心構えや本の選び方について参考にされてはいかがでしょうか。