スマートフォンやタブレットに対応したウェブサイトの作成をお願いできますか?

もちろん可能です。本回答時点では、スマートフォン向けのページをデスクトップ用のページと別に用意するエンジニアリング手法は化石のようなものです。現在では、レスポンシブデザインと呼ばれるエンジニアリング手法により様々なデバイスに対応させるのがスタンダードとなっています。専門的になりますが、具体的には 1 つの共通な HTML に対し、画面幅の条件ごとに適用される CSS を少し追加することでデザインを制御します。いずれにしろ、様々な観点でレスポンシブデザインの方が優れているため、私たちもレスポンシブデザインを採用しています。

しかしながら、どういったデバイスに対応させるかという問題は、ブランドウェブサイトのターゲットと予算のバランスによって決定すべきです。たとえば、ブランド戦略としてターゲティングしたセグメントが、Z 世代のスマートフォンしか使わないセグメントである場合、デスクトップやタブレットへの対応に貴重な経営資源を当て”完璧”を目指すのは明らかに無駄でしょう。

疑問が解決しませんか?

Cantasさんに依頼して本当に良かったです。ずっと、どうすれば集客できるのか様々な戦術を試行錯誤してきましたが、Cantasさんのおかげで、集客するために必要な本質がわかりました。Cantasさんに頼んでいなかったら、危なかったとすら感じています。リブランディング後は実際にお客様からのご予約も相次いでいて、こんなにも成果が出るのかと驚いています。本当にありがとうございます。

Jun Miyazaki, Vice President, Cuorehome

How can we help you?

私たちは場当たり的な戦術を嫌い、本質的な問題を見極め、持続的な成長につながるようにそれを解決します。まずはお気軽にご連絡ください👋

現在、多数のご依頼を頂いており、新規案件は顧問コンサルティングのみに一時的に制限させて頂いております(目安:60 ~ 120 分の Zoom を月 1 ~ 2 回)。